戸田塩とタチバナを用意しています。

13時間薪で海水を煮詰めます

秋刀魚にかける塩はNPO戸田塩の会から提供されます。

黒潮の海深15mから海水をとり、薪だけで13時間火にかけてつくられたはを
まろやかな風味で秋刀魚のおいしさをひきたてます。

戸田では古くから駿河湾の海水を利用した塩作りが行われていました。
約1500年前に安康天皇に献上されていた歴史があります。

秋刀魚にタチバナ!

タチバナとは日本古有の在来種の柑橘。
絶滅危機種でもあります。

そんなタチバナは沼津市戸田地区に、国内北限の自生地であり日本一多く存在します。

この時期は酸味が強くサンマのひきたて役としてお使いください。

秋刀魚と共に貴重な戸田塩とタイバナをぜひご堪能ください。
美食の街、沼津ならではの贅沢な脇役です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中